機関車トーマスの絵本

イギリスのウィルバート・オードリー牧師が発表した、機関車トーマスは誰でも知っていますよね。

日本でもテレビシリーズで放送され、未だに大人気キャラクターです。

 

でも、機関車トーマスの絵本を手にされた事はありますか?

もしかしたら、テレビしか知らないと言う方も多いのではないでしょうか。

 

是非、機関車トーマスの絵本を読んでみてください。

とっても温かみのある、楽しい絵本となっています。

 

おなじみの仲間、ヘンリー、パーシー、ゴードンもたくさん出てきます。

色使いがとっても鮮やかで、小さなお子様だけでなく、親御さんも見てるだけで楽しめる事でしょう。

 

日本語版も、もちろん出ていますが、機関車トーマスは英語絵本で楽しんで頂くことをお薦めします。

お子様だけでなく、英語を始めたい大人の方にも良いと思います。

字が読めなかったり、まだおしゃべりができない小さなお子様には、読み聞かせてあげてください。

 

機関車トーマスの世界に夢中にどんどん引き込まれ、そのうち、お気に入りの機関車ができて、夢中になることでしょう。

お子様より、親御さんが夢中になってしまうかもしれませんね。

 

英語絵本で想像力と英語力アップ

絵本の読み聞かせをお子様にしてあげているお母さん、お父さんは多いと思います。

 

いつも読んであげている絵本を、英語絵本にされてみてはいかがでしょうか。

 

英語絵本は、とても絵が綺麗だったり、色がはっきりしているものが多く、飽きっぽいお子様でも興味をひかれるものが多数あります。

 

また内容もとても楽しいものばかりです。

そして普段、日本語での会話に慣れているので、あまり聞きなれない英語を耳にする事で想像力を非常に働かせることになるのです。

 

意味が分からなくても、絵を見て意味を想像し、知らないうちに英語まで覚えられているなんて魅力的ですね。

是非、読む事に無理がない範囲で、絵本を選んで是非お子様に読んで差し上げてください。

お子様だけでなく、きっと親御さんもどんどん惹きこまれていくことでしょう。

 

そして知らないうちに、英語力までアップしているのです。

何気ない日常の中で、ふいにお子様の口から英単語が飛び出してくるかもしれません。

毎晩、毎朝、いつでも大丈夫です。

1日の中でリラックスできる時間に、英語絵本を読む時間を作ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

リチャード・スキャリーの絵本

リチャード・スキャリーと聞いて、ピンとこない方でも、きっと絵本を見たら懐かしい
気持ちになるのではないでしょうか。

 

リチャード・スキャリーの絵本はアメリカで1949年に出版され、ちょうど今子育て中の
ママ達が、子供の頃に読んだ、もしくは読んでもらった記憶があるかもしれません。

 

また、以前ポンキッキーズにリチャード・スキャリーの猫のハックルとミミズのローリーが登場するアニメのコーナーがあり、英語のセリフと西村雅彦さんのナレーションで人気でした。

 

リチャード・スキャリーの絵本は、熊や犬や猫、リスなど、素朴で温かみのある、可愛い動物達の生活が描かれており、大人も楽しめる絵本となっています。

 

中には英語絵辞典なるものも発売されていて、可愛い動物達と楽しみながら、生活に関わる物の名前やアルファベットが覚えられるものもあります。

 

しかけ絵本もありますので、お子様と一緒に英語に親しみながらリチャード・スキャリーの絵本の世界を満喫してみてください。

 

リチャード・スキャリーの絵本が長年に渡り、世界で愛されているのも納得できるはずです。

 
ワキ脱毛はミュゼ八王子
 

 

 

 

メイシーの絵本

ネズミのキャラクターと言って、真っ先に思い浮かぶのがミッキーマウスですよね。

 

では【メイシー】はご存知ですか?

イギリスで生まれ、大人気絵本シリーズの主人公ネズミの女の子メイシーちゃんなんです。

メイシーの日常を楽しく、カラフルに描かれており、日本でもNHK教育テレビでも放送されました。

好評を博し、かわいいキャラクターグッズもたくさん発売されています。

絵を見たら「あっ!これか~」と思われる方も多いはずです。

 

メイシーの絵本が、世界中で愛されている秘密はなんなのでしょう。

まずは、しかけが楽しい事です。

窓を開けたり、引っ張ったり。

文字が読めない0歳児も夢中になってメイシーの絵本に手を伸ばします。

字が読めなくても楽しめるのです。

メイシーと遊んでいるうちに、自然と物の名前が覚えられたりもします。

 

また、英語と日本語が書かれているので、どちらで読んであげても楽しいですね。

ひらがなが少し読めるようになると、お子様が自分で読む事ができる位、かんたんな内容です。

そのうちひらがなと一緒に書かれているアルファベットに興味を持ち、英語に親しむことができるでしょう。

素敵な絵本ですね。

 

 

 

ブルーズクルーズの絵本

a0800_001187

 

かわいい犬のブルーが主人公となって、色々なことにチャレンジしながら、
楽しく英語に親しむことができる、ブルーズクルーズの絵本はご存知ですか?

 

とっても愛くるしいブルー。

小さいお子様も、そしてお母様もきっと大好きになる事、間違いなしです。

ブルーと一緒に登場する他のキャラクターもとっても可愛いんです。

ブルーと一緒に学校へ行ったり、おうちの中を探検したりしながら、英語に親しむ事ができるのです。

 

まだ文字がおしゃべりができなかったり、文字が読めないお子様には、
是非お母さんが、読み聞かせてあげてください。

何度もブルーズクルーズの絵本を読んであげているうちに、お子様なりに理解し、楽しんでくれるはずです。

 

また、このブルーズクルーズの絵本にはしかけ絵本もあり、こちらなら、より親しみやすいかもしれませんね。

購入してから数日のブルーズクルーズの絵本が、数年も読んでいるような状態になったという感想もありました。

英語に親しむだけでなく、ブルーと一緒に身近にあるものの名前やアルファベットが覚えられるブルーズクルーズの絵本を一度手にされてはいかがでしょうか。

 

 

 

バーニーの絵本

子供用の英語教材、たくさん種類がありすぎて悩んでしまいますよね。

その中で、おもしろいキャラクターを見つけました。

恐竜のバーニーです。

 

日本ではあまり馴染みがないですが、アメリカで、子供向け教育番組の大人気キャラクターだったそうです。

英語を覚えさせたくても、せっかく買った本に興味を持ってくれないのでは困ります。

バーニーの絵本はとっても色鮮やかで、小さなお子様もきっと目を引くはずです。

 

日本のキャラクターではあまり見かけない斬新な色使い、紫の恐竜バーニーの事がきっと大好きになるでしょう。

キャラクター本は、読み聞かせには不向きと言われていますが、バーニーの絵本は
読み聞かせなくても、お子様と一緒に絵を指差しながら、色や形、数字やアルファベットも自然に楽しく覚えられるのではないでしょうか。

 

アメリカの子供達も手にするバーニーの絵本ですから、生きた英語がたくさん詰まっています。

英語に親しむ第一歩として、是非、バーニーの絵本を親子一緒に手にして楽しんでみてください。

楽しい英語ライフになるのではないのでしょうか。

 

 

 

セサミストリートの絵本

セサミストリートはアメリカ生まれのマペットキャラクターが登場する教育番組として日本でも放送され、今でも個性的なキャラクターが大人気です。

また、英語教材として、子供のみならず、大人の方もお世話になった方もいらしゃると思います。

 

このセサミストリートの絵本をご覧になったことはありますか?

世界中で愛されているセサミストリートの絵本は、キャラクターを見ても分かるように、アメリカらしい、とってもカラフルなもので0歳児から楽しめます。

2歳児くらいなら英語と日本語の両方を覚えるきっかけになりそうです。

 

もちろん大人が見ても楽しいものです。

読み聞かせながら、子供がキャラクターの真似をして遊べる絵本からアルファベットのお勉強ができる絵本まで、様々な種類があり、どれを取っても楽しめます。

あの個性豊かなキャラクターを見てるだけでもワクワクしますよね。

 

中には音が出たり、ポップアップが出る絵本もあり、どのページをどこから開いても、
お子様が夢中になること間違いなしです。

世界中で長年に渡り愛されているセサミストリートの絵本、一度手にしてみてはいかがですか?

 

 

 

エリックカールの絵本

エリック・カールさんはご存知ですか?

知らないと言われる方も、「はらぺこあおむし」
と聞けば、ピンとくるのではないでしょうか。

エリック・カールさんの代表作が、この世界的にロングセラーとなっている「はらぺこあおむし」なのです。

 

あおむしが主役で、本に穴が開いていて、とっても楽しい絵本です。

色がとってもきれいで、子供のみならず、大人も魅了されたはずです。

エリック・カール氏は、他にも動物を題材とした、きれいな色使いの楽しい絵本を数多く
出されています。どの絵本もページをめくるごとに発見があり、感性を豊かに育みます。

 

また、お話の内容が、とっても優しいものになっています。

お友達について、お母さんについてなど、小さなお子様にも分かりやすく、素敵な絵と一緒に楽しめます。

読みやすいボリュームと、何度読んでも飽きのこない物語は、読み聞かせにも最適です。

ページごとにお子様に問いかけながら、お子様なりに物語をふくらませていくこともできます。

エリックカールの絵本を寝る前に読んであげれば、楽しい夢を見せてあげることができそうですね。